口を押さえる人

家族が心の病になった時

女性のイラスト

家族で支える心の病

ストレス社会といわれる現代ではうつ病になるということが以前に増して身近なものになってしまっています。自分はならないだろうと感じているような人でも、誰にでもなりうる可能性のある病気なのです。もし家族がなってしまった場合にはどうすれば良いでしょうか。それは、この病気についての知識を多くつけ、偏見をなくし理解してあげ、親身になって支えてあげる家族のサポートが何より大切となってきます。うつ病は外見上には現れないため、はたから見るとただやる気がないだけ、やりたくないことから逃げているだけと勘違いをされてしまうことがあります。しかし本人にとっては、日常生活を送るだけで精一杯だという状態だってありえます。そのため、本当に落ちこんでしまって何も手がつかないときは無理に行動を移してもらうというよりもしっかりと休んでもらい、少しずつ快復してきてから身近なことをしてもらうようにしましょう。そして、身の回りのことができるようになった時には、できなかったことができるようになった喜びをわかちあうようにしましょう。一歩一歩の家族で支える努力が、うつ病をなおす最善の方法になります。また、一番辛いのは本人でしょうから、決してできないことに対して怒ったり、責めてしまったりしてはいけません。支える家族側も精神的に引っ張られないように、友人やカウンセラーに相談できるような環境を整え、無理をしないことです。治療には近道はないので、前進することもあれば、また一歩戻ってしまうこともあります。そんなときは落ち込むことなく焦らずに、少しずつでもしっかり治療していくと良いでしょう。うつ病の治療には現在様々な方法がありますが、まずは精神科・心療内科の先生としっかり連携をとり、処方されている薬についての情報をしっかり聞いた上で服用させることが大切です。うつ病の薬でも種類が多くあり、人によっては合う合わないがあるため調整が必要なのです。そこで、いつも身近にいる家族がうつ病を患っている方の様子をしっかりと見てあげましょう。薬を変えた方がいいのではないかという判断や、薬を減らしてもいいのではないかという判断も本人ときちんと話しあい、精神科・心療内科の主治医としっかり相談した上で進めるといいでしょう。主治医に相談せず、急に薬の服用をやめてしまったりすると離脱症状が出てしまう可能性もなくはないため、サプリメントを用いた治療にうつす場合であったとしても相談は必ずしましょう。処方される薬は病院によって違いがあるので、もし現在の主治医が合わないということがあれば、別の病院で一回相談してみるということもいいのではないでしょうか。書籍やインターネットを利用すれば簡単に薬についての知識やうつ病に効果があるとされる治療方法も見つけることができます。様々な選択肢を家族が知り、サポートすることで本人の快復ぐあいも変わってきますので、あまり根詰め、家族もダメになってしまわぬ程度に無理をせずに、支えていくことをお勧めします。家族が冷静に向き合っていくことで、本人が治療していくいい環境にもつながっていくので、家族一丸となって完治を目指していきましょう。