口を押さえる人

うつを治すために

家族

基本的な考え方

うつ病の治療は、十分な休養と薬物による治療の2つを基本としています。また、これらに考え方などを見直す精神療法を組み合わせた治療を行う場合もあります。まず、最も基本になるのが十分な休養をとることです。うつ病の治療の際には、薬による治療と並行して、しっかりと休養をとることが必要不可欠です。仕事や家庭を持つ人にとって決して簡単ではないことですが、精神的にも肉体的にもストレスがかかった状態では、薬の効果が思うように発揮されず、十分な治療効果が期待できるとは言い難いです。また、医師が患者さんに休職などが必要であると判断した場合には、どの程度の期間が必要であるか、全体的な見通しについて家族が医師の説明を受け、今は休んでほしいと患者さんに伝えることも必要です。休むことが悪いことであるという認識をお持ちの患者さんにとって、身近な家族から「休んでほしい」「休んでいいのだよ」と言ってもらえることは、心の負担の軽減につながります。あるいは、外で働いていない方、在宅でお仕事をされている方や専業主婦の方の場合には、家事やお子様のことなど何かと気に掛けることが多く、ゆっくり休むことができないケースも考えられます。そのような時には、入院するというのも選択肢の一つに挙がるでしょう。抗うつ剤の効果が認められ、うつ病の症状が安定するまでの間だけであっても、治療以外に何もしなくてもよい環境を作るという選択もあることを覚えておきましょう。次に薬による治療についてご説明します。患者さんの中には、薬に、特に精神科の薬を服用することに抵抗感を抱いている方も少なからずいらっしゃることでしょう。確かに、うつ病の治療に使われる薬、抗うつ剤には副作用をもたらすものも存在しています。そのため、できる限り薬に頼らず治療を行いたいと考える方がいらっしゃることも理解できます。しかし、うつ病もその他の病気と同様に、服薬により体の中の異常を修正することが必要なのです。まずは症状を抑えることを最優先に考えるようにしてください。病状が安定してきたならば改めて医師の診察を受け、減薬可能か否かの判断を仰ぐようにしましょう。最後に、精神療法についてです。うつ病の精神療法は、特に症状のぶり返しを予防するための効果を発揮します。たとえば、精神療法の一つである認知行動療法は、うつ病患者さんに多くみられる否定的な思考のパターンを、専門知識を持つ医師との話し合いなどで整理し、柔軟な思考パターンへと変化させていこうというものです。周囲の人たちから考え方についていろいろとアドバイスを受ける機会も少なくないでしょうが、素直に受け取ることができないものです。ですが、専門医からのアドバイスであれば受け入れやすいでしょう。患者さんにとって、自己管理は難しいものです。身近な方と医師によるコントロールが必要になります。患者さんの中には、自分がうつであることを認められずに、薬を飲むことを拒否することもあるので、周囲の人も一緒に協力し合いながらうつ病に立ち向かいましょう。必要であれば一緒に病院に付き添うなど、患者さんを決して一人にしないことが大切です。