口を押さえる人

心の病と言われています

悩む人

症状などで分類されます

うつ病とは、抑うつ気分や考えがまとまらないなどの症状が出てくる精神疾患のことを言い、症状が出てくる時間帯や特徴に応じて多くの種類に分類されます。うつ病は自分自身では気付きにくい病気となっているため、気付かない間に症状が悪化していることが多くなっています。そのため、うつと診断されたら十分な治療をすることが大切と言われています。明確には脳内におけるセロトニンなどの神経伝達物質の分泌異常と定義されており、何らかの原因で分泌バランスが崩れてしまうことが発症のきっかけと言われています。うつ病になってしまう原因はストレスや不安などの精神的疲労の蓄積によるものが多くなっています。発症すると気分が落ち込んでしまったり、物事を悲観的に捉えるようになってしまったりするなどの症状が主に出てくるでしょう。また、食欲が無くなり、胃痛などの身体症状を伴う場合もあるという特徴があります。代表的なうつ病として内因性うつ病があり、単極性と双極性の二種類に分類されます。単極性うつは喜びや興味といったプラスの感情が長期間欠落してしまうという特徴があり、一般的なうつの症状として認識されています。単極性うつの最も大きな特徴として、再発を繰り返すことが多いという点が挙げられます。このことから治療期間が長くなりやすいうつと言われています。双極性うつは躁状態とうつ状態を交互に繰り返すという特徴があります。躁状態とは意欲ややる気が過剰に出てくる状態のことを言い、周りから見れば健康な状態と間違われやすくなっています。そのため、双極性うつは早期発見が難しいうつと言われています。その他にも、秋や冬といった特定の季節の間だけ気分が落ち込んでしまう季節性うつや、年齢を重ねることによる身体の衰えからくるストレスによって発症する老人性うつなどが存在します。そのため、症状に応じた適切な治療を行うことが最も大切であると言われています。うつ病は放置しておくと徐々に進行していくという特徴があり、症状が軽いうちに治療を行うことが重要であると言われています。最初に出てくる主な症状として、睡眠障害や集中力の低下といった症状が出てきます。特に不眠や朝起きられないといった睡眠障害は日常生活に支障をきたす恐れがあるため、特に注意する必要があると言われています。そのため、良質な睡眠を取ることができなくなり、初歩的なミスが多くなってきたら精神的疲労の蓄積を疑ってみるのが予防に効果的と言えるでしょう。うつ病の主な治療方法は、抗うつ薬による治療や専門医による精神療法、十分な休息を取るなどの方法が挙げられます。うつ病とは精神的に疲れ切ってしまっている状態とも言い換えることができるので、休息を取るという治療方法は特に効果的であると言われています。そのため、時間を掛けてゆっくりと治療を行うことが最も重要であると言えるでしょう。また、精神的な疲労や悩みを軽減するには、信頼できる人に相談することが重要であると言われています。精神的な負担を和らげて効果的な治療を行っていくためにも、心療内科の医師などに相談することも大切であると言えるでしょう。