家族が心の病になった時

女性のイラスト

家族がうつ病になってしまった場合には、治療を進めていくうえで家族のサポートが何より重要になっていきます。治療方法も多岐にわたるので、うつ病に関する知識を本人だけではなく家族もしっかり理解し、完治できる環境を整えましょう。

うつを治すために

家族

うつ病の治療で最も重要なのは休養です。十分に体を休めることができる環境を整え、次のステップである薬物による治療に進みます。また、それと並行して精神療法も行います。うつ病の治療には、家族や医師の力が不可欠です。

原因と対処法

カウンセリング

うつ病になったと感じる症状は人により少し違います。心と体と両方に症状は出てきます。心が疲れたと感じた時からうつ病は少しずつ心を蝕んでいくのです。気分の落ち込みが激しく数日続く、やる気がなく何もしたくないと感じる日が多いなど心の疲れが生じます。この時点では、ちょっと疲れているのかもしれないと考え病院へ行く方は少ないでしょう。しかし、周囲の人も家族も気づかないでものです。心の疲れから体の症状も起こります。次第に頭痛や吐き気、めまいなど頻繁に起こるようになります。この時点で内科、脳外科、耳鼻科と様々な医療機関を受診する人もいます。しかし、これらの科目では診断結果に異常はないと告げられます。それにより、更に不安になり症状は悪化してしまうのです。このように、様々な医療機関を受診しても異常がない場合には、心療内科、精神科などへ行きましょう。治療をしないで放置したり、我慢したりすると症状が悪化して自分の存在を否定するようになります。罪悪感により、自分のせいで人に迷惑をかけているといった被害妄想や幻聴などの症状が出ます。早めに治療をすると周囲の人にも気づかれない為、仕事や日常の生活にも影響が少ないです。なので、疲れたと感じてやる気が起きなかったら病院へ行きましょう。心療内科の診察時間は長くとってあります。患者の心の中をじっくりと聞くためです。人には言えない心の悩み、辛さ、我慢していることなどを話してみましょう。話をよく聞いてくれる医師は信頼でき安心できます。時間をかけて治療が必要なうつ病は医師の信用が重要です。治療方法は、患者にあった治療方法を見つけることから始まります。なので、無理をせずゆっくりと治療していきましょう。処方される抗うつ剤、家族や周囲の人の協力を得て治していきます。病院へは通院する必要があります。薬やカウンセリングで症状が良くなっても勝手に薬の服用をやめたり、通院をやめたりすると再発する可能性があるので注意しましょう。うつ病は、完治する病気です。しっかり治すまで通院することが必要です。医師との信頼関係が重要なので、治療が合っていないと感じたら病院を変えることも可能です。うつ病を発症した原因を考えてみましょう。仕事のストレス、家事や育児、人間関係など様々な原因があります。家族やペットの死など突然のショックも大きなストレスとなり、病気の原因になります。仕事が原因の場合は休む、辞めるなどの対処法があります。家事や育児は家族に協力をしてもらいましょう。少しぐらい掃除を手抜きしたり料理は外食やインスタントを利用したりしても良いです。人間関係が原因の場合は、人との距離をおきましょう。そして、心を許すことができる必要な人だけの付き合いにしましょう。気分を変えるために環境を変えることも効果があります。引っ越し、部屋の模様替え、リフォームなども状況に変化が出ます。旅行や音楽、アロマなどの良い香りも効果的です。好きなことをしている時間は楽しさを感じるはずです。なので、今やりたいことをしてみましょう。また、人と話がしたいと感じた時に、家族や親しい友人に話を聞いてもらいましょう。共感してくれる人が良いです。話を聞いてもらうだけでも治療の効果はあります。無理をせず、周囲を気にすることなく病気を治すことを優先しましょう。そして、信頼できる医師と自分にあった治療法でうつ病は完治していくはずです。

心の病と言われています

悩む人

うつ病とは、様々な症状を伴う精神疾患のことを言います。症状に応じて多くの種類に分類されており、適切な治療を行うことが必要となっています。特に効果的なのは、休息を取ることと言われています。そのため、焦らずに時間を掛けて治療することが重要です。